■高速ちょちょちょ

このサイトはトレード&バトルカードヒーローと
高速カードヒーローとカードヒーロースピードバトルカスタムについて
取り扱ってるサイトです
管理人のカードヒーローに対する考え垂れ流してます

2015年9月19日 カードヒーローをスカイプ対戦する方法のページを追加

攻略系コンテンツ
カード解説
コラム NEW!
スピードルール研究

高速プレイしてて気づいた点
ゲームプレイしてて気になったルールとか
ゲームの仕様を箇条書きでメモってるコンテンツ
なんか役に立つ情報もあるかもしれません
萌え&燃えバトル カードヒロイン
カードヒーローをベースにした全く新しいカードゲーム
コンセプトは『ド派手に萌え萌え!』
 ・ルール
 ├ 第一弾女神召臨
 ├ 第二弾乙女無双
 └ ルールのQ&A
漫画
アタシのカードヒーロー
カードヒーロー発売10周年記念同人漫画
もちろんタダで見れます とってもお得だね!
その他のコンテンツ
 ・オリジナルカード
 ・日記ログ

 ・高速カードヒーローのストーリーがつまらない理由ネタバレ注意)更新凍結中
 ・前作リアルカードの写真
  超手抜きコンテンツ
  前作のリアルカードの写真を俺が持ってるもの限定で公開してます
  ただしモンスターカード限定(パラレルが公式サイトで公開されてないため)
  マスターから順番にクリックしていくことでしか、見ることが出来ませんが
  そこら辺はご勘弁を

 ・リンク
 ・掲示板 前作用サイト掲示板と共通です


・日記のような物
2015年9月19日
前回の日記から1ヶ月以上かけて必死扱いて作り上げました。
カードヒーローをスカイプ対戦する方法!!
正直ココまで真面目に作る気もなかったし、ココまで時間かかるとも思ってなかったので、
本当に疲れました… あーしんど

で、なんでこんなもんを作ったのかのお話を書きます。
この方法は、ある知人から、プロの改変ルールをやる方法として知ったのですが、
正直ネットでカードヒーローの対戦は、もう出来ないと思ってた俺には、そらもう衝撃でした。
他のTCGでやってることを、カードヒーローに応用しただけではありますが、
こんな発想なんて微塵もなかったので、本当に驚愕したんですよ。

で、その知人にこんな素晴らしい方法あるなら、それ知ってもらうためや、
改変ルールを楽しんでもらうためにも、解説記事を書いたらどうかね?と言ったのですけど、
なにやら色々難しそうなので、
んじゃ仕方ねーなー、俺が軽く作ってやるかーと適当にはじめたのがキッカケだったりします。
なのに、気づけば適当ですんでなかったわけですが…
でも、ちゃんと作ったんで褒めて。

んで、結局何が言いたいのかというと、
こういうページを作る理由って、この方法で対戦する人口を増やしたい!ってのが普通だと思うのですが、
俺の場合は違って、
すげえ!こんな方法があるのか!みんなマジですげえぞ!!
ってことを伝えたかっただけなのです。
スカイプカーヒー対戦人口が増えて欲しいとか、特に思ってもいません。
てか、前の日記で書いたけど、そうまでして対戦したい人なんてほとんどいねーよ、って思ってますし。

無いとは思いますが、もし仮に酔狂な人がいて、
「こういうページ作ってるわけですし、対戦してくれますよね!」とか言われても、
正直あんま知らん人と仲良くトークしつつ、それでいてアナログ対戦のリードする自信とか微塵もないので、
間違いなくお断りさせていただくと思います。

こんなページ作ったのに、すんません。本当に。


2015年8月8日
カードヒーローで、対人戦が好きなプレイヤーがどれだけいるのだろう? という疑問があります。
おそらく、全体のプレイ人口の半数以下だと思います。
大半の人は電子ゲームとして、CPU相手の対戦、ワンダーやグレート手に入れて終了ではないでしょうか。

カードヒーローを、TCGとして見ている人がどれだけいるのだろう? という疑問があります
え?カードヒーローはカードゲームでしょ?何を当たり前のこと言ってるの?
って人もいっぱいいると思うんですが…
じゃあ、あんたら「電子ゲームとしてデジタル処理してくれない、カードヒーローのプロルールをやれますか?
と聞いたら、9割の人が、めんどくさいから無理って言うと思います。

TCGとして売り出された初代カードヒーロー集めて、
チャットバトル、掲示板バトル、CHO、実際に印刷して対戦したカードヒーロー、
その全てを経験した俺が、
ぶっちゃけカードヒーローのプロのリアル対戦はめんどくさくて大嫌い
なんてこと言うんですから、他の人間で、あの処理を楽しいと思えるのはカードヒーロー狂の人だけだと思います。
カードヒーローの対人戦を、TCGとして楽しんでる人なんて1割いるかどうかだと思います。
カードヒーローの対人戦は、電子ゲームとしてデジタル処理をされる前提で作られており、非常にめんどくせー作りなんです!

そんなめんどくさいゲームでも、カードヒーローの対戦は面白い!

そう今も思ってる人がどれだけいるのだろう? という疑問があります
でも、俺の周りには今でもいるんですよ。
しかも、結構いっぱいいるんですよ。困ったもんです。

というかね、俺が一番おかしいのかもしれないです。
プロの対戦糞めんどくせえ! 俺が好きなのは、クミちゃんで、リナちゃんで、ハルカで、ユウキきゅん!なんです。
電子ゲームとしてのカードヒーローの方が、対戦ゲームのカードヒーローより好きなんです ぶっちゃけ。

でも、そんな俺が、掲示板バトルなんてめんどくさいことして
CHOでの対戦を広めようとして、
高速の対戦を楽しみ、カスタムのバランスに感動し、
オフ会で実際に直接出会って、対戦をしていって、対人戦はこれはこれで面白いなと思い続けてきたのです。

俺は、めんどくさかろうがカードヒーローの対人戦大好きです。
それだけは言えます。それが、楽しくなかった期間なんてありません。

あえて言うなら、匿名の人相手はそんな楽しくないけど。個人同士の対戦は面白かったです。
名前という個人情報の基本があっての対戦なら意志の疎通も感じれてすげー面白いんです。
本当に凄いゲームなんですよ。
それ通じて今の俺があるんです。
じゃないといまだに更新とかしませんて。

なんで、こんなセンチメンタルな日記を今更書いたのか?
は、後日わかる予定です。 あくまで予定。


2015年7月13日
岩田社長今までありがとうございました


2015年2月22日
カードヒーロー発売15周年オフという集まりに行ってきて
そこで色ドラをたっぷり楽しんできて思ったことをまとめてみると

赤のモンスターはクセが強いと言うより場面を選ぶ
青のモンスターは場面を選ばないけどあんま強くない
黄色のモンスターは場面を選ばない割りにクセが強い
緑のモンスターは場面も選ばなく強いのが多い 代わりにマジックが弱い
紫は場面を選ぶのが数名いるけど基本なんか強い

こんな感じのモンスター評になる気がします
なので紫が一番強いと俺は思います

あと色ドラで一番強いモンスターはレベル3のゲイラです
これはもう間違いなく確定だと思います


2015年2月2日
さて前回の更新で突如出てきた謎の物体
その名は 超カードヒロイン!!
なんと作りかけで放置するつもりだったけど、急にやる気沸騰して 二弾 完成させちゃいました
褒めて

カードヒロインはぶっとんだオリジナルカードを作りやすくするってのがコンセプトでしたけど
この超カードヒロインは、プロのルールの骨子をベースにし
使えるカードを出来る限り増やそうとした、案外地に足ついたルールだったりします

この新バランスの要がブロックという要素なんですが、その解説はいずれするかもしないかも
このブロックと覚醒辺りを主軸に使えないモンスターも使えるバランスにしちゃおうってルールです

でも、それだけでなく
スーパーを単体モンスターからでなく、種族単位で出せるようにすることで種モンスターを増やしていたり
マジックや特技のコストバランスを見直してたりして使えるカードを増やそうと必死だったりします
あと、見やすいようにとイラストも描いてるよ!
褒めて!

あとこのルールなんとCHOでも遊べるようになってたりします
意外と真面目なルールなのですよ
反応あれば詳しいルール解説とかもいずれやるかもやらないかも


拍手コメントへのレス↓

>こんにちは、お久しぶりです。たまに更新されているか覗いてます。
>突然ですが、夢の跡にあるモンスターの絵を私のブログで使わせてもらうことは可能でしょうか?
>もし大丈夫ならなんかカードヒーローの記事を書いたときに使わせていただけたら素敵だなーと思いまして。すごくかわいいです。

お久しぶりぶりです
イラストお褒めいただいてありがとうございます
ブログでの使用ですか…
そもそも全カード揃ってないし揃える気もないのですが
それでもいいなら、条件を満たしてくれれば使ってもらっても構いません

条件は超ヒロインでもイラストでもなんでもいいので、感想をよこせってことですね
特にイラストに関する感想だと嬉しいかもしれないですね 嬉しい


2015年1月11日
夢の跡  

2014年2月28日
DSのwi-fiサービスが5月20日で終了とか
とんでもない悲報が届いたタイミングで言うのもひっじょーにアレですけど
カードヒーローの漫画描きます!



今回の漫画はなんと時田が主役!
内容もバトルをかなり重視! ちなみにプロルールだよ!
バトル内容に関しては、とある方に協力をいただいたことで、いい感じになっておりますよー
というわけでひっそりと期待しててくださいな

ちなみに前までに言ってた
次のネタってのはこの漫画のことじゃなくて、
実はカードヒロイン第3弾を作ろうかと思ってたんですけど色々あって頓挫しました
色々についてはいずれ書くかも書かないかも


2013年12月20日
ドラフトにおけるモンスター評価を書き終えましたが、情熱は止まらず
次のネタの更新に向けてちまちまがんばっております
あとトップが長すぎるのも見苦しいので、下の方の日記を日記ログに回しました
過去の日記で気に入ってる記事は、またコラムに回そうかと思います

さてさて、ドラフトのモンスター評価なんてまとめちゃったくらい
カスタムのドラフトへの評価がまとまった今考えたいことがひとつあります
高速からカスタムで削除されたカードについてです

まず、前提条件としてカスタムでの調整について知っておいて欲しいのですが
カスタムにおける調整は全て数値の変化だけです
能力が変わってるカードは一切ありません
ですので、能力を変えないと追加できなかったカードはこれからの話で除外します
(ピュアがパワー上げる対象をマスターじゃなくて、もう一体の味方モンスターとかにしても面白そうではありますが…)

ってな前提の上で、残ってても良かったんじゃないのと思うカードを書いていくと


・バルバス&パフ
福音の花が問題視されたのか知りませんが
正直福音の花は強くもなんともないはずなので、消す必要があったのかかなり疑問なモンスター

まず、福音の花は2個が妥当でしょうね
自分が消えるリスクを考えたら3個はきつすぎます
加えて言うなら、スピードでは味方のレベルを上げることはリスクに繋がることも多いです
HP回復の機会が一回減るんですから…
なので、福音の花は相手に使うってことのが多くなるんじゃないかと思います

え?スーパー前提だと強い?
スーパーが入る=ノーマルってことなんで
現状のノーマルの環境でそんなデッキが強いわけないのはハリマル君が証明してくれてます

ドラフトだとかなりピック順に迷いそうです
クセの強いゾンビと考えて、ハリマルの次くらいのピックになるんですかねえ

・ガンプ
削除した理由が全く不明なカード
そのまんまの能力で普通に通じます ヘブンズドアは3個なら全く持って妥当です
相手一体確実に消せますが、その次のターンで削られて普通に死ぬだけですので全く問題有りません

ドラフトで言えば、ドノマンとジャレスあたりと同等かなと思います
正確に評価するとジャレス≧ドノマンティス>ガンプ ですが
一体消せようが3個は重いですわ だからいいバランスのカードのはずなんですけどね

・ゼック
デスブーメランが2個のままだとちょっと弱すぎますが
1個に調整すれば悪く無いどころか、かなり強いモンスターかと思います
でもHP2ですんで、けして強すぎってことは無いと思いますね

ドラフトのピック順はガンタスと同等くらいでしょうか
かなり上位に来ると思います 3Pで1個はそんくらいつえーです

・浄化
おそらく、黄昏の風の下位互換で使う必要なし
と、考えて消されたんだと思います
もし、こいつを強すぎるから消したのならカスタムのスタッフは天才なんてもんじゃないと思います

いや、こいつドラフト前提なら相当強いんですよ
消せる効果を挙げればわかります

レベル固定、特技封じ、どこでも、呪縛、ダークホール、ヒットアウェイ、挑発
アドラのホワイトブレス、女神の加護、デスチェーン、パパトットのマナコピー

ね?強いでしょ?
1個で、挑発、ダークホール、デスチェーン消せるんですよ?
レベル固定、特技封じ、ヒットアウェイも等価値で消せるんですよ?
ピックの際のメタ性能なら、黄昏の風の上位互換になる場面は相当多いはずです

こいつは残してても面白かったと思います
ですが、残してた場合マジックのピックはさらに難しくなると思うので、無くてもよかったのかもしれないとも思います
こいつに関してはマジでスタッフの見解が聞いてみたいですわ

・幻影の鏡
たぶん、こいつを残すという発想した人自体稀なんじゃないかと思うカード
上に挙げた4枚は他所で、残ってたらどうだったかなーって話をしてる人もいると思うけど、こいつはあんまいない気がします
俺も上4枚を残しても良かったんじゃないのーって話題を、他の人とチャットする機会でも無ければ思いつきもしなかったです

スタッフも多分☆8だし、残す必要もねーやと考えたか
そもそもカスタムに入れること自体視野になかったんじゃないかなと思います

ただ、こいつ3個なら相当面白いカードです
現状のノーマル環境だと、まずこちら側でコピーしたい相手もいなければ、相手側に押しつけたいモンスターもいねえので
正直無価値に近いですけど
ドラフトなら普通にピックするマジックになります

ドラフトはレベルの上がったモンスターに価値があるルールですので
相手のレベルの上がったモンスターで、コピーしたいのはいくらでも存在し得ます
わかりやすいのが、レベルの上がった後衛モンスターでしょうか
終盤でそれコピーできれば十分強いですよ 3P攻撃を好きな場所にできるようなもんですので
また、こちらの純前衛を相手後衛に押しつけて、疑似挑発として使うことも出来ます

このようにかなり面白いマジックのはずなんですよ
ちなみに強くはないはずです
3個のマジックって、マッドファイアとシフチェンと挑発ありますからね
それらと比べてこいつが強すぎるとは到底思えません


ちなみにその他の消えたカード(ポップル、誘惑、水晶の壁、ラムダ、中華姉妹、墓荒らしetc)は
まあ削除が当然かと思います
水晶の壁は2個なら使う…のか?


拍手コメントへのレス↓

>「ドラフトにおけるモンスター評価」作成お疲れ様です。1枚1枚の解説が丁寧で分かりやすいです。
>これからもサイト更新頑張ってください。

ありがとうございます
丁寧と言われるとがんばって書いたかいがあったなあとつくづく思います
当面ネタが尽きるまではがんばって更新を続けていくつもりです
応援お願いします!


2013年12月16日
ドラフトにおけるモンスター評価ついに完成しましたよ
というわけで065真勇者ダイン〜094シャドウゲイラまでの評価を書きました
これで完全に完成です

さてまあ、モンスターの評価については書ききったわけですが
マジックの評価は書く気はありません
こっちはあまりに複雑すぎるので、正直書ける気がしないので…

こういった物を書ききったわけですが
こういった物を今まで何で書かなかったのかというと
結局の所こういったもん書いちゃうと、ピック順の指標が出来てしまい
プレイヤーの思考過程をすっ飛ばすんじゃないかという恐れがあったというのは、結構大きな要因です

やっぱり強くなっていくための思考過程、ドラフトで言えばピック順を精査していく過程って大事だと思うんですよ
それは努力って意味もありますし、それを突き詰めていく楽しさって面もあります
むしろ後者の方がゲームとしては非常に重要だと思いますね
こういう過程って本当に楽しいんですよ
俺も知り合いとバトルして、その後反省会兼ねたチャットしながら
こいつ強くないですかね?とか、これ案外使いづらいッスねとか、そんな話をしていたのがどんだけ楽しかったことか

じゃあ、なんで結局こういったもんを書いちゃったのよ?というと
まず、最近の日記で書いてるようにカードヒーロースピードバトルカスタムwikiが出来たことへの対抗心がひとつ
そして、もうひとつは
色ドラという、ドラフトのさらに先をいく面白コンテンツが出来たことです

はっきり言いますけど、後者の方が比重はでかいです
ドラフトは、確かに面白いですし、今までのカードヒーローという電子ゲームのコンテンツでは
一番の完成度を誇っていると断言できます

しかし、それより上をいくコンテンツが色ドラなのです
やりゃあわかりますよ ドラフトの正統な面白さを追求した進化系だと…

やれる環境がある人がほぼいないのが残念すぎて仕方ありません
本当に面白いんだもん…
これに関しては俺より、色ドラ作った人を褒めてあげてください


拍手コメントへのレス↓

>自分はニコ動のゆっくり実況でカードヒーロと出会いそれからVCやDSを購入して遊んでいます。
>今の所これのドラフトを越える暇つぶしとは出会っていません
>気軽に出来てるし毎回自分でブックを作る楽しさがあって最高です
>なぜこれのルールが他のカードゲームで採用されていないのかが不思議でなりません
>このルールなら同じカードを使ったまま全く新しい環境が出来ていいことだらけなのに・・・
>当分はこれを超える暇つぶしと出会うことは無いでしょう。

ドラフトというルール自体は割とどのカードゲームでもあるらしいですが
全パック対応みたいなカスタム的なルールは割と珍しいと
TCGに詳しい知り合いの人から聞きました
ただまあ、カードヒーローならではというか、そこら辺は全体のカード枚数が少ないから出来るってのもあると思います

暇つぶしとしてはちょうどいいですよね
CPU相手でも、デッキが違うという刺激はなかなか大きいものですし
対人戦だと刺激が大きすぎてぐったりしちゃうくらいですわ
当サイトのコンテンツがどこまでお役に立てるかわかりませんが
これをヒントにこれからもドラフトを楽しんでいただければ嬉しい限りです

>拍手絵の股間のふくらみはつまりそういうことですね。
女の子としてのふくらみであって
男の子としてのふくらみではありません
どっちも好きですけど

>ドラフトのモンスター評価、非常にためになります。
ありがとうございます
この後に非常に有りがたい拍手コメントが続くのですが
その内容がこれから先の、サイト更新予定のコンテンツのネタバレになるので
非常に申し訳ないのですがカットさせていただきます
アイデアとしては本当に面白い意見だと思います ありがとうございました


2013年12月3日
ドラフトにおけるモンスター評価036神斬丸〜055オーパスまでの評価を追加しました
あとは残りのモンスターについて書くだけなので、がんばってもうひとふんばりします

ちなみに、このコンテンツ書き終わったら
また更新停止するかというと、実はまだ更新する予定だったりします
今更あれを復活させるつもりです
若い子達から刺激を受けたので、あれを復活させます
それもまたがんばります

しかしまあ、若い子達から知ってるといわれると嬉しいもんですね
非常によい刺激になります
10年以上サイト続けてきた価値もあろうってもんですわい
ちなみにうちのサイト、2001年2月17日に開設したっぽいので
それから今に至るまで、しょっちゅう休みまくってるけど
10年以上経ってるのに、更新まだ続けてるのは我ながら凄いと思います
褒めて

拍手コメントへのレス↓

>カスタムのバランスはドラフトを中心に組まれている、
>そうでなきゃ無駄に弱いカードを追加したりしない。
>この見方は的を射ていますねー。
>今までどこにも言語化されていなかったのではないかと。

ありがとうございます
なんで、そのような要素が追加されたのか?という視点からの、スタッフの思惑の推察って
結構面白いし、ゲームの構成要素を考える上では重要だったりします
カスタムはしっかり作られてるので、そういったことを考えやすいゲームだと思います
高速は逆にかなり考えづらいゲームだと思います
なんでそうなるのかは… スルーってことで はい
まあ大体のことは過去の日記で書いてきた気もしますけど



2013年11月22日
前回の日記で書いたように
ドラフトにおけるモンスター評価というのを対抗意識含めて真面目に書いたわけですが
真面目に書きすぎて、続きを書くのが色々しんどくなってる今日この頃です

というわけで息抜き兼ねてもうちょっとフラットな話題の日記でも書こうかなと


俺はぶっちゃけカスタムのノーマルに微塵の興味もありません
カスタム出て相当早い段階で知人とドラフトの対戦にはまれた、というラッキーもあって
(ただまあ、これについては高速の時点でspdについて真面目に考えてたから
 結果として、出会いの場が生まれ、即ドラフトを楽しめた という要素も大きいと思います
 これ自画自賛です いぇーい)
ノーマルよりドラフトのがハルカに面白いだろって認識しか持ってないのです

ただ、これに関しては先にも書いたようにラッキーな面も強いんです
ドラフトって本当にフリーに人がいなさすぎたんですよ
対戦相手がいなけりゃ、面白い面白くない以前に、対戦をやることすら出来ませんので…
もっと言えば、対戦通じてのレベルアップも出来ないわけです
普通の人はドラフトを楽しむことすら難しい環境にあったように思います

俺の見解としては、ノーマルって、高速や初代でいうジュニアルールみたいなもんだと思ってます
ドラフトがプロルールであり、それのための練習ルールでしかないと
ノーマルはドラフトを楽しむための下準備なんだと

特に強くここら辺思うのが、よく問題にされるハリマルのことです
こいつノーマルでは強いんでしょうけど、ドラフトだと別に対したことありません
ドラフトではダインのがハルカに強いですし、フールやゴーストシープと比べても圧倒的に劣ります
ノーマルの環境下でなければ強くない
でも、その環境下では強すぎてゲームの幅を狭めてしまっている
こういったノーマルの環境って、速攻圧倒的有利なジュニアに近いところがあるんでないかなと思います


あと、カスタムのバランスっておそらくドラフト中心に組んでると思います
そうでもなきゃシャドウゲイラとか竜戦士カイザーみたいな、無駄に弱いカード追加しないと思うんですよ

今までのシリーズでも弱いカードはあっただろ?とか
カスタムでも、マナトットとかシトラスとかシグマとかオーパスとかゼスみたいな使えないカードもあるじゃん
って意見はわかります

でも、それ以上にカスタムの調整って、しっかりとバランスを取りにいって、成功してる上手い部分のが強いんですよ
強引に見えるくらい強くして、多くのカードに使い道をちゃんと作る これがカスタムはしっかり出来てるんです
グリフォンとかものすごい絶妙な調整ですよ

そういった調整の結果をフルに活かせているのがドラフトだと思うんです
何らかの使い道があるカードならピック順が遅くなろうが、最終的にはデッキに組み込めるバランス
そういったものをカスタムでは築き上げてる気がします

こういった視点で見ればシャドウゲイラとかカイザーも
ゲイラの劣化だけど… でも、やっぱりHP6あるし、レベルも上げれるし後衛としては十分だよなとか
カイザーってなんでこんな中途半端なんだろ… でも、一応後ろに置いても攻撃だけは出来るから取るか
と言った妥協ではあるけど使い道があるカードとして、ちゃんと存在意義があるんです
むしろ、妥協して取ることに面白みを持たせたカードだと思います

こういった各カードの面白さを味わえるドラフトは素晴らしいルールなんですわ
なので、ノーマルはどうでもいいってのが俺の結論なのです
対戦がしやすいってだけでもノーマルには十分価値があるとは思いますけどね
ソフト側でドラフトの面白さをしっかりアピールできてたら
今の環境はどうなってたのか?とか興味はあります


ちなみに、ドラフトで問題視したいのはランダム系ですね
ドラフトってランダム要素なんか無くても十分ドラマチックなんですよ

大抵の場合、同じカードを2枚入れれない時点で、デッキ内のカードが自ずとバラバラになりますので
何が来るのかわからないドローによるドラマが勝手に生まれます

なのに、ランダムで勝敗が分かたれてしまうと、逆に冷めてしまうんですよ
ランダム成功したところで「博打を決めて勝った!」じゃなくて
「あーあ、ランダムで運良く勝っちゃった…」になります
ここら辺は本当に残念で仕方ありません…

フラットな話題とか書いたけど
意外と真面目に書いた気がします 褒めて


2013年11月16日
2年近く更新してませんでしたが
最近カードヒーロースピードバトルカスタムwikiなんてのが出来たのを見て
思うことが色々あって更新しました
ノーマルの内容は、そもそも俺がほとんど興味がないので割とどうでもいいんですが
ドラフトのところが「うーん…」って内容なので、色々いぢったりもしたのですが
それだけじゃ、どう考えても足りんなと思い
ドラフトにおけるモンスター評価を書きました(まだ途中までですが)
ノーマルメインの人には、かなり新鮮な内容になってるんじゃないかと思います

ちなみに、wikiに書かずになんでサイトで書くの?と思う人もいるかもしれませんが
こんだけ凝った内容書くんだったら、そらサイトに載せますよ
こういうこと書いて、褒められたいので俺はサイト運営しとるんですから
というわけで褒めて

追記
↓下の日記ですが
去年の1月26日にアップしたつもりだったけど
すっかり忘れたまま、そのまんま放置されてた物体です…
恥ずかしいミスしてすんません

2012年1月26日
前の日記で書いた、昨年クリアして面白かったファイアーエムブレム紋章の謎の感想
実機がまだまだ現役なのでDS版ではなくスーパーファミコン版をプレイした上での感想になります

やろうと思ったきっかけはスマブラと、SLGはスパロボくらいしかろくにやったことなかったので
どーせやるなら有名なシリーズであるFEをやってみようと考えたことにはじまります
で、FEマニアの某知り合いに聞いて一番の名作は烈火の剣か紋章の謎と言われたので簡単に入手できた紋章をやってみました

やってなるほどさすがに名作だなと思わざるを得ないゲームでした
これは面白い
褒める点が多すぎて困るくらいのゲームですねこりゃ

まず一番感心したのがゲームバランスの良さ
特に第一部のゲームバランスの完成度の高さは尋常じゃないレベルだと思います
最初は簡単なステージ構成でプレイヤーに操作とシステムに慣れてもらい
徐々に相手側の敵の種類が増え、配置が嫌らしくなり
結構な難しさになっていくという、難易度のグラデーションが見事に出来上がってます
紋章の謎に限ったことでもないんですが
任天堂の名作ゲームってのはこういうバランス調整の仕方がうまい作品が多いですね




管理人:はやんぼ